スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2004.10.26 (Tue)

萌えフィルターで遙かアニメ

遙かTVアニメの第3話、陰陽師です。

まず、この今回のアニメ感想ですが、タイトルが前回と異なってます。
前回は「邪フィルター」でしたが、今回は「萌えフィルター」ですので、よろしくおねがいします。

邪フィルターで見ようと努力したんですが(努力するな!)、見事、討ち死にしました。
失敗です。
ええ、失敗したんです!
フィルターに米粒みたいに小さなものが一つしか引っかからなかったんです。

なので、仕方なく、萌えフィルターに付け替えて、2回目を見ました。
なんとかいくつか引っかかったのでそれで行こうかと思います。

ストーリーとしては、鬼メンバー総出で動物や人の骸に力を与えて怨霊に変えて京に振りまき、そのひとつに泰明とあかねが引っかかったってところでしょうか。




【More・・・】

<萌えフィルターに反応1>

藤姫が龍神の神子についての説明を、あかねと天真と詩紋にレクチャーしている場面。
語る藤姫のその横に友雅さんが目をつぶって座っていらっしゃいました。

寝てるの?

と、思わないでもないですが、そこはホレ・・・萌えフィルターを全開にさせます。
友あか好きな方は、こっそり友雅が
「この娘が龍神の神子、か。…ふっ…十人並みの容姿だね」
と思ってると妄想しましょう。
そしてそんなことを思ってる彼に突っ込みを入れるのです!!

ばーか!
そんな小娘にオマエは骨抜きにされちゃうんだよ。

せいぜい、今のうちにコマシぶっとけっちゅーの。

メロメロになって鼻の下伸ばしたただのオヤジに成り下がるんだよ。

ウキャーーーキャッキャッキャ!!!


ほーら、楽しくなってきましたね[:ハート:]

そして、藤姫の話の途中で、あかねがぶっ倒れます。
詩紋が駆け寄ります。
「あかねちゃん、大丈夫!? すごい熱だよ・・・」
駆け寄ってあかねの傍にいる詩紋から、友雅はあかねをぶん取って、部屋まで連れて行くんですね。

「あかね殿の部屋は奥の間だったね・・・」

とか言いながら、抱き上げてスタスタと。

ほーらみろ。

オマエはもう龍神マジックにかかっているのだ。

すでにあかねの虜なのだー。

その奥の間まで続く道、良く覚えておくんだよ?

これから足しげく、昼夜なく通うことになるんだから。

あーっはっはっは。


・・・フィルターをかけている時の私のことは、イカレタやつだと思って、そっとしておいてください。



<萌えフィルターに反応2>

熱でヒーヒーいってるあかねちゃんですが、魂は抜き出て、2話でアクラムと密会した廃屋へと行ってしまいます(いやらしい子ね)。
そこで泰明と出会うわけです。

やっすんは元々、龍神の神子の為に造られたお人なので、龍神マジックがなくても、あかねが特別な人ですね。
忘れられない、良い出会いだったんでしょうか・・・。
気になるところです。

アクラムの息がかかった、ヘビを引っつかんで、屋敷の中に踏み入る場面はいいですね。
男らしくて。
ゲームで、あの乙女走りさえなければ、私は泰明ラブな人になっていたこと間違いありません。
徐々に人の心が芽生え、女々しくなる泰明に、私は耐えられませんでした。
冷たいままのあなたが良かった・・・。

マンガではここで、泰明の放った式神によって、アクラムの仮面が落ちる場面があるんですが、アニメではありませんでした。

見せ場なのに!!

なぜ!??


ここであかねはアクラムに惚れていることを自覚する大切な場面なのに。
納得いきません。

「私・・・あの人が好きなんだ・・・」
アクラムに惚れていることに気がついて、涙を流す・・・。←マンガの場合

「(無理に調伏させられてかわいそうな怨霊さん)きっと、愛してほしかっただけ・・・」
泰明に無理に調伏された怨霊を思って、涙を流す・・・。←今回のアニメ

この差は大きい。

で、泰明は、桜の枝を手折って、泣いているあかねにプレゼントします。
なんかこれって
「よーしよし、転んだの?泣かない泣かない。アメちゃんあげるからね」のノリに感じるんですが。
しかも、泣いてる原因が、無理に調伏した泰明なのだから・・・。
泰明が突き飛ばして、転ばせて、起き上がらせてアメちゃんあげてるイメージでしょうか。
良い場面なのに、涙の理由が異なるだけで、全然、イメージが違っちゃいますね。

そうそう。
泰明が怨霊を調伏する場面は、めちゃカッコ良かったです。

やっすんステキ!!
アニメさいこー!


動きがあるってやっぱりいい。



<萌えフィルターに反応3>

魂が体に戻り、目が覚めるあかねちゃん。
褥の周りには心配した藤姫、友雅、詩紋が居ます。元の世界に戻る方法を探しに出かけた天真も戻ってきます。

元気そうなその声が聞こえたんでしょうか・・・。
庭で頼久が、いやらしいホッとしたような笑顔で

「神子殿・・・」

と、呟いていました。

そうだよ。
頼久。
君は、庭で、一段下がったその場所で、そっと控えているのが似合う。

犬は犬らしく。

庭で居ればいいんだよ!


今後、決して、あかねの腕を引っつかんで(2話参照)、引きずるような真似はしないように。
まったく!頼久のくせになんてことを。



<最後に>

怨霊を調伏した泰明に、アクラムが言います。

「今さら穢れのひとつやふたつ祓ったとて、同じこと・・・」

ってアンタ!

動物や人の骸を使って、ひとつひとつ地道に怨霊に変えたりしてるわけでしょ!?
ホント、すごい地道な作業だよね?
ひとつふたつ祓われたらせっかくの作業が台無しだよね?

あ・・・

わかった・・・

負け惜しみ・・・だね[:ハート:]
12:22  |  好きゲーム:遙かなる時空の中で  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

私もSさんのおかげで、第1話を見れましたー。
ホント、感謝感謝ですな。
「み~こ~み~こ~」
な、懐かしすぎるよ・・・
懐かしさのあまり思わず、昔の暴走バカチャットのログが残ってないか探してしまった(笑)
さすがになかったわ。
もう・・・4年なんだね・・・
当時、頼久がギリギリ射程距離とか言ってた我々も、友雅が青いひよこに見える年齢になりつつありますね。
ちょっとどころか、かなりせつなさを感じます。
そうそう、私も「友雅牛車に跪く頼久」にはムヒョ!!となりました。
いいですね。
いいですよね?
頼久はコレじゃなきゃね。
動いてる友雅や、友雅の声はやっぱりいいね。
どんなにセクハラ魔人でも、セクハラ万歳!と叫びたくなるほどです。はい。
今でもすごく好きなんだなぁとしみじみ思ったり。
マンガ版にもいえることだけど、ゲームより永泉と詩紋は、かなり良い感じです。
詩紋も永泉もアリでしょう。
くみ |  2004年10月29日(金) 09:35 | URL 【コメント編集】

友人Sさんのおかげで遙かのアニメを見ることが出来るようになりました。
まだ1話しか見てないんですが、くみちゃんのコメント見て
「泰明の乙女走り」に反応してしまいました。
そういえばプレイしていた深夜、伝説の乙女走りと「み~こ~み~こ~」を聞いて、非常にしょっぱい気分になったのを思い出しました。
・・・あれから4年ですよ・・・。
ちょっと切なさ倍増です(笑)
ちなみに1話みて、私が萌えたのはやっぱり
「友雅の牛車に跪く頼久」でした。グッときましたよ?ええ。
そしてやっぱり友雅の声はセクシーなのねんと思った次第です。
思いの外、詩紋君がカッコ可愛かったです。
(宮田氏の可愛いだけじゃなくブラックなところを知ってしまったから尚更なのか)
でもこれから後ろ向き一直線なんでしょうねぇ~。
今はまだ彼なりに頑張って茜ちゃん守ろうとしているのが垣間見れて良い子なのに。おしいなぁ~←これが4年前と一番私の中で大きく変わったところかも知れない。(つまり、今なら詩紋もアリってことですか?)
ちか |  2004年10月28日(木) 23:43 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/45-3bf5f614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。