スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2004.10.13 (Wed)

ひぐらしのなく頃に

「ひぐらしのなく頃に」

一応、終わりました。

「鬼隠し編」平成14年夏コミ発表
「綿流し編」平成14年冬コミ発表
「祟殺し編」平成15年夏コミ発表
「暇潰し編」平成16年夏コミ発表
「目明し編」鋭意製作中

らしく、購入したディスクの中には、暇潰し編までの4編が入ってました。

目明かし編は、謎解きストーリーになるらしいので、とりあえず暇潰し編まで終わった今が一番「あのナゾはこうなのだろうか・・・ああなのだろうか・・・」と思い悩むのが楽しい時なのかもしれません。

暇潰し編まで一通り終わった今、もう一度、鬼隠し編をすると違う見方ができそうなので、再度やってみようかなと思います。
正直、猛烈にはまってます(笑)
読むだけなので、手軽に出来るというのもありますが・・・。

「ひぐらしのなく頃に」は、とても変わったサウンドノベルだと思います。
一般的なのは、分岐があってその分岐によってストーリーが変わるというものだと思いますが、ひぐらしはバッドエンディングストーリーを強制的に読ませてる感じです。
鬼隠しもひとつのバッドエンディングストーリーであり、
綿流しももうひとつのバッドエンディングストーリーで、
祟殺しもまたそうです。

鬼殺しは、主人公が死亡する。
綿流しは、主人公が刺された(生きてるけど)。
祟殺しは、主人公が人殺しをする羽目になる。

どこでどうなれば、そうなってしまうのか。
どうすれば、どうなれば、幸せなまま物語は終わるのか。

うーん・・・わかりません。

とりあえず、プレイし直して、また考えたいなぁと思います。

それにしても綿流しは怖かった・・・。
もう一度するのも勇気がいるわ。
21:18  |  感想:ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/41-9fab2b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。