スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2004.10.06 (Wed)

遙か9巻の鷹通

昨日の続きです。

遙かの9巻の鷹通について語ってみたいかと思います。

色々とネタバレ&暴言がありますので・・・

かなり暴言です・・・鷹通ファンは見ないほうが吉・・・ふふ。



【More・・・】

がっかりです。

君には失望したよ・・・という感じです。

鷹通のこと、結構好きだったのに。

なのに鷹通ったら

マザコン

なんですよ・・・。

実母ではなく、育ての母ラブのようです。

「父上が屋敷の女房に生ませた私を、分け隔てなく育ててくれた
優しさと気品の人
私はあなたの息子でないことが恥ずかしかった」

とこんな感じで亡き母を想う訳です。

むかつきますね。
実母の立場がないじゃん。

仕える家の主人の子供を生み、正妻に子供を取られ、あまつさえ、その子供に「あんたの子で恥ずかしい」と思われるなんて。
酷すぎやしませんかね?

おまえは子供を生む女の気持ちなんて、ひとっつもわかってねぇ!!
ちっとは硬い頭を使って想像しろってんだ。
けっ!!お子ちゃまが!! ←この辺りは私情がかなり入ってるかも(笑)

あと二つ、私の中で鷹通の株を下げたセリフがあって・・・

一つは・・・

シリンが怨霊に捕らえさせた鷹通の愛する母の魂と、四方の札とを交換させようと鷹通を脅迫したんです。
鷹通は悩んだ末に、母の魂もろとも怨霊を退治することを決意しました。
色々あって、怨霊退治が終わったあと、彼は、訊ねられたわけでもないのに、あかねと友雅に自信満々にこう言いました。

「私の判断は間違っていないといえます 
京を守るためには正しかった、と」

自分の心の中で勝手に思っとけばいいことを、なんでわざわざ言うのかな?

君の決断はすばらしかった
君は正しい
よくつらい決断をしたね
えらいよ

そう言って欲しいのでしょうか?

コレを言わなければ「よく頑張った。オトコだな、鷹通」と思ってあげられたのに。(マザコンは置いといて)

僕すごい?ほめてほめて?って感じでね・・・。
そんなんだから、オッサン友雅にクックックと笑われるんだよ。
オッサン友雅に笑われて恥ずかしいとは思わないかね? ←これも間違ってる(笑)

もう一つは・・・

自分のつらい決断を理解してくれたあかねに、鷹通は惚れてしまうんですね。
それはいいです。
君も若い、惚れておけ。という感じです。

鷹通はあかねを見ながら、亡き母を想います。

「神子殿のこの人柄に知識教養が加わったらすばらしい女性になるのではないか。
亡き母は知識者でもあった それをひけらかすこともないすばらしい人だった・・・
彼女から教わったことを神子殿に教えて差し上げたら・・・
うん、そうだ。そうしよう。神子殿にとっても悪いことではないはずだ!」

とまぁ、こんな感じです。

押し付けがましい上に、19歳のこわっぱの分際で、16歳の娘を自分好みの女(しかもそれが愛するママンのように)に育てようだなんて・・・。

あなた、図々しくてよ!

鷹通・・・君はとり合えず、あかねにフラれておけ。
それが良い人生経験になるはずだ・・・と、思った私でした。

とにもかくにも、マンガでは、天真・永泉に続き、鷹通が恋愛に参戦したことになります。

今後の展開に期待!
17:25  |  好きゲーム:遙かなる時空の中で  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/36-875c2a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。