スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08.23 (Sat)

LaLa (ララ) 2008年 10月号 [雑誌]

LaLa (ララ) 2008年 10月号 [雑誌]

LaLaを買うのは、2006年10月号-舞一夜-の漫画を目当てで買った以来です。

ゲーム発売前に遙か4が3回連載された時には買いませんでした。遙か4にはまるかどうかもわからなかったし。
でも、今はもう…
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 柊!柊!
 ⊂彡
みたいな感じなので、いそいそと購入。
手が小刻みにふるえ、挙動不審になりながら、遙か4のページを探し、そしてニヤニヤしながら読みました。




【More・・・】




話としては、失った記憶をきにしつつも女子高生として平和に過ごしていた千尋が、柊の訪れによって昔の記憶を取り戻すところまで。
最後にアシュヴィンがチラと出てきます。
風早と那岐は、イトコということになってます。
柊は胡散臭いけど、思ったより普通?
私が最初にゲームプレイした時はもっと胡散臭く感じていたので…(今となっては、柊に申し訳ない気分になってますが)。
漫画では風早がわざと、柊を胡散臭く演出してる感じがする。
まぁこれは私が柊贔屓なので、そう思うだけかもしれません(笑)
あと、千尋が幼いときに何度も会っているというのに胸が躍ったり。

千尋を豊葦原へ導こうとするのを阻む那岐に、柊が「若さゆえの無謀で、大きな力に抗うのは嫌いじゃない」と言っていて、ちょっと胸がキュン。
きっと昔の自分に重ね合わせてるんでしょうね…自嘲を籠めて。

詳しいことは思い出せないけれど、姉との約束を思い出したと千尋が語った時に、柊は何を思ったんだろう。
羽張彦と一の姫と3人で黒龍を倒しに行った過去を思い出したりしたのかな。
そしてやはり千尋に心から仕えることを自らに誓ったりしてたりするのかな…と、柊を思って気持ちが盛り上がるわたしでありました。

柊可愛いよ…柊…
16:09  |  好きゲーム:遙か4  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/269-817eee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。