スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.05.09 (Fri)

エーデルブルーメ 総合感想

エーデルブルーメ(通常版) 特典 ドラマCD付き
エーデルブルーメ(通常版) 特典 ドラマCD付き

エーデルブルーメ 総合感想

絵、良し。
声、良し。
音楽、良し。
世界観、良し。

シナリオ、不親切。

エーデルブルーメの評価は、これにつきますね。
おそらくシナリオライターさんの頭の中、もしくは設定では詳細なことがいっぱい決まっていたと思うのですが、根本の部分がゲーム中ではスパッと無いので困りモノです。

とはいえ、プレイレポを6まで書いたところでおわかりいただけるように、私は結構、ハマってます(笑)
面白かったですよ、うん。
はじめは「なに、この糞ゲー。さいてー」とか思ってましたが。
やればやるほどジワジワと気に入ってきました。
買ってよかったです。

でもシナリオが不親切過ぎるので、5000円以上の価値はないですね。
身銭をきると「シナリオ構成が最悪だーーーーーー!!!金、返せー!!」と、堂々と愚痴を言う資格を手に入れることができるぐらいでしょうか(笑)
それ以外の方には、中古で3000円ぐらいで売ってたら、ぜひプレイしてみていただきたいなぁと思います。


以下は自分の頭の中を整理する為に書いたものです。
ネタバレ全開です。

<エーデルブルーメの内容を理解する為の考察と、残されたままの謎について>










【More・・・】




(以下すべて、あくまでも自分勝手な解釈ですのでご了承ください)

アルトメイデンの魂が新たに転生した存在が、今回の主人公メアリ。
アルトメイデンは、同じ時間に転生して輪廻を繰り返す少女だった。
アルトメイデンとバラージュは、かつて恋人同士だった。
アルトメイデンはバラージュに「姫」と呼ばれていた。
アルトメイデンは、ジェラルドの妻だった。もしくは婚約者だった。
アルトメイデンは、ダンケルハイトと化した貴族の命(闇の魂)により、輪廻から解放された。
アルトメイデンは、いにしえよりジェラルドの花嫁と決められている。(予約特典CDより)

メアリは幼い頃(5歳)に、ヴィクトル、オーギュストの3人で異端に襲われ、それをきっかけにアルトメイデンと同じように再び輪廻を繰り返す人生の道を歩みだす。
メアリは異端に襲われる以前の記憶がない。
メアリの異端化を監視する為に、その後は教会で生活することになった。
メアリを監視する為に、ダニエラは中央教会から派遣されてきた存在。
ヴィクトルとオーギュストも村長によって監視されていた。
メアリのみが教会で監視されていたのは、異端に襲われて戻ってきた時に、一番、魂が不安定で、異端化する恐れがあった為である。
メアリが見る夢は、同じ時間を繰り返してている輪廻の記憶。

オーギュストやヴィクトルの異端化は、森で異端に襲われたのが発端。

アルトメイデンだけでなく、貴族は同じ輪廻を繰り返している。(予約特典CDより)

ジェラルドは西の領主。シュトラールである。※用語説明1
ジェラルドはアルトメイデンの魂の転生を待ち続けている。
ジェラルドはバラージュよりも長く生きている。(予約特典CDより)

バラージュは東の領主。(予約特典CDより)
バラージュは同じことを繰り返すことに飽きている。(予約特典CDより)
バラージュはジェラルドからメアリを奪う決意をしていた。(予約特典CDより)
バラージュはシュトラールだったが、メアリを手に入れる為にダンケルハイトになる。※用語説明2
バラージュはメアリを手に入れ、メアリの輪廻と自分の輪廻を断ち切ることを望んでいる。(予約特典CDより)

※用語説明1
シュトラール:人を吸血しない高貴な吸血鬼のこと
※用語説明2
ダンケルハイト:人を吸血した魂が穢れた吸血鬼のこと。吸血により力を得るが、大きな力に魂が崩壊し滅びる運命

※補足
吸血行為について
貴族にとって吸血は生まれながらに与えられた渇望であり罪。吸血しないことでシュトラールと呼ばれる高貴な貴族となる。
人を吸血し殺めることで穢れ、闇の魂を持つ者がダンケルハイトと呼ばれる。吸血によって大きな力を得るがそれは魂の崩壊(死)にも繋がる。
闇の魂を持つダンケルハイトの吸血行為により、穢れをうつされることでいにしえの乙女の輪廻は終わることが出来る。


<理解が難しいED内容について>

・バラージュ短ED(好感度低)
バラージュはメアリの血を吸うことを拒否している。
ダンケルハイトとなったバラージュの輪廻は終焉し、魂の崩壊によりバラージュは死亡する。
メアリは輪廻から解放されまいまま。

(勝手な解釈)好感度が低かったことで「メアリを輪廻から解放したい」というバラージュの気持ちが薄れた為に、吸血行為(メアリの輪廻解放)がなかったと思われる。
イマイチ恋愛気分が盛り上がっていなかったので、バラージュとしては輪廻の解放をしてメアリとの縁が切れるのが寂しかったのか?
もっとメアリとラブラブしたかった…って感じ?

・バラージュ長ED(好感度高)
ダンケルハイトとなり魂の崩壊が始まったバラージュは、最後にメアリの血を望む。穢れたダンケルハイトに吸血されたメアリの魂も穢れ、メアリの輪廻が断ち切られる。
バラージュの輪廻も終焉を迎える。今後、バラージュは転生してもメアリの輪廻とは関わりがなくなる。
輪廻が断ち切られたメアリは、死亡後、その魂は再び転生し、新しい人生を歩むことになる。
メアリとバラージュ共に、輪廻から解放される。→ふたりの輪廻が断ち切られるので良いEDなのだと思われる

(勝手な解釈)好感度が高いので、バラージュの満足度が高いのでは?
いっぱいラブラブしたし、もう満足だ…ということで、メアリとバラージュ自身の輪廻の解放に至る。

・ジェラルド短ED(好感度低)
ジェラルドの妻となるが、メアリは貴族とならず(永遠の命を得ない)、人として寿命を迎える。
メアリは死亡後、再びメアリとして輪廻し、16歳の誕生日前にジェラルドの求婚を受ける繰り返しの人生が待っている。
メアリは輪廻から解放されないまま。

(勝手な解釈)好感度が低いまま一緒に過ごし始めたので、ジェラルドはメアリに心のすべてを許しているわけではないのかも。
ジェラルドは自ら求めることはしないが、メアリに献身的な愛情を向けて欲しいのでは…
繰り返される輪廻の中で、盲目的にジェラルドを想ってくれるメアリが出現するのを待っている感じがする。←怖い男だな

・ジェラルド長ED(好感度高)
すべての貴族を統べる者、始まりの王に、永遠を誓う。
メアリは貴族となり貴族としての力を手に入れる。
幸せな日々が訪れると思われたが、キルヒリッター(教会の騎士)が貴族を滅ぼす為に城に向かってきていることを知る。
ジェラルドとメアリふたりの力で城の周囲に結界を張り巡らせ、ふたりのことを周囲が忘れるぐらいの長い時の眠りにつく。
永遠に生きるので輪廻は起こらない?→良いED

(勝手な解釈)ジェラルドの満足に達するほど愛情を与えてくれるメアリが出現。
「余は永遠にそなたを離さない…」とか思っていそうで怖い。
ジェラルド様は我慢強く、蛇のようにしつこい感じがする。プレイを始めた頃は、ふられてもちょっと残念そうなだけだったので、あっさりしてる人だなぁと思ったけれど、そうでもなさそうだ。
「今回のメアリは、他の男に気持ちが傾いている…もう、あのメアリは要らぬ。次の輪廻でのメアリを待つ」とか思ってそう。
ジェラルド様は怖い人だ……



解明されていない謎だけ抜粋
・アルトメイデンの輪廻はいつから始まったのか?それは生まれつきなのか?
・アルトメイデンの輪廻を断ち切ったダンケルハイトは誰なのか?
・そもそもアルトメイデンは貴族なのか、人間なのか?
・アルトメイデンはお姫様だったのか?
・アルトメイデン、ジェラルド、バラージュの関係は?
・5歳以前のメアリはどうしていたのか?
・ヴィクトルの異端化は3人で襲われた時のことが原因なのか?
・ジェラルドの城に異端が出現したことと、ジェラルドが留守だったのはなぜか?
・ヴィクトルとオーギュストがジェラルドの城の中庭に見覚えがあったのはなぜか?

解明されてない謎についての考察はまた後日…ちょっと考えすぎて力尽きてきました(笑)
16:32  |  好きゲーム:エーデルブルーメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/215-56830fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。