スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.16 (Tue)

映画 キューティーハニー

キューティーハニー
キューティーハニー

めげません。

今度は、デビルマンと同じ原作、永井豪の作品「キューティーハニー」の実写版映画を見てみました。
倖田來未が主題歌を歌い、監督は新世紀エヴァンゲリオンを監督した庵野秀明。
主演は佐藤江梨子。そしてこの手の映画にかかせない京本政樹と、どうにも気になる存在のミッチーこと及川光博が出演です。

出来栄えは・・・

ブラボーーーーーーーーーー!!
すばらすぃーーーーーーーーーーっ!!

すごいぞ庵野秀明!
見事な作品だ。

アニメと実写の融合に取り組んだ作品と言われているけれど、見てみた感覚としては実写で漫画を読んだ感じ。
非常に面白かった。
ハイテンションコメディータッチで、ノリもテンポもいい。
見終わった後も、実に清々しい気分でした。

wiki(ウィキペディア-Wikipedia)を読んでみると「アニメ独特の気持ちの良い動きを役者にさせるため、まずアニメの作画をし、それにしたがって1コマずつ役者にポーズをとらせて撮影する」ということをしたらしい。
どうりで人物の動きがアニメ…というか、漫画っぽいと思った。
でもそのおかげで、不思議と違和感がない。
いや、実写なので違和感はあるけれど、その違和感が自然だった。違和感があるのが自然な独特の世界観が出来上がっていた。
漫画オタクとしては、実に楽しめた映画だ。

ミッチーはチョイ役ではあったけれど、やっぱり良い味を出していた。
歌って踊ってくれた。
そして、高速回転して飛んでいった。
私はそれだけで満足だ。
ミッチー…楽しませてくれて、ありがとう。

【More・・・】

AUTHOR: くみ DATE: 10/17/2007 12:32:06 >麻桜さん 私としては『キューティーハニー』は絶賛に相応しき映画でした。 そして『デビルマン』は惨劇のような映画です(笑) 両方見ると落差が激しすぎると思います。 キューティーハニーは、子供も喜んで見てたよ! おすすめ。 >ちかちゃん 映画館で見たんだ! そりゃあ、劇場スクリーンで見る京本さんの巨大化は迫力があっただろうなぁ。 もう笑いの要素が盛り沢山で、本当に楽しかったわ。 永井豪は、デビルマンにもチョイ役で出てたよ。出るの好きなのかな。 DVDは買う価値あるような気がする。 だって、また見たくなりそうだもん(笑) 日本3大オタクの庵野監督はすごいね。オタク心をくすぐってくれました。
19:58  |  感想:映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/191-dfc10f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。