スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.02 (Tue)

映画 デビルマン

デビルマン
デビルマン

映画のデビルマンをレンタルで見ました。

すごいよ!
すごいよ!
本当にすごいよ!

こんな映画って本当にあるんだ。
10億かけて、プロの人達が作って、このダメさ加減。

並じゃねぇッ!!

キャシャーンの映画より酷かった(笑)
私が書いたキャシャーンの感想はこちら
キャシャーンはまだ、見れた。ちゃんと演技の出来る俳優さんを使っていたので。
それに、映画とは言えないけれど、監督の映像美に対するこだわりがわかったのです。
「映画としては楽しめない、けれど、監督さん…あなたの撮りたいものは理解した!結果的に、例えそれが、あなたの自己を満たすためだけの映画になったとしても!」
そんな映画でした。

デビルマンはそんなものもありゃしません。

・主人公、演技が始めてらしく、棒読み。
声優さんで吹き替えしてください。これで5倍ぐらいはマシになるでしょう。

・CG
まるで初期プレステのCGのようです。
なんじゃありゃ。

・出演者
全然、意味のないちょい役で小林幸子がでてきて去っていく。
わけわからん。
そんな場面に時間割くなら、他のシーンを充実させてくれ。

見たのが土曜日だったのだけれど、あまりのありえない酷さに見た事実を脳内消去してしまっていました。
旦那が「いろんな人のレビュー見てみると面白いで…」と、失笑しながら言うので、見てみたら確かに面白かった。
酷評ばかりで(笑)

なんといってもこれが一番、的確かと思いました。

――映画秘宝2004年11月号より

こうした責任者不在のまま世に生み出された珍作を「ダメなら観に行かない。まったく今の日本映画はこれだからダメなんだ!」と思うなら、それは間違いだ。この惨劇のような映画を身銭切って観にいって、初めて激怒する権利を得ることができるのだから。がんばって観てくれ。


原作に思い入れのない私ですら「うひゃー、この映画はありえないだろう?」と思うのだから、旦那を含め原作ファンの人達は、やりきれないだろうなぁ…。

ホント、あまりの酷さに魂が口から抜けます(笑)
ぜひこの駄作を見て欲しいですね!
13:16  |  感想:映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/186-645100e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。