スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2004.08.24 (Tue)

のだめカンタービレ

のだめカンタービレ(二ノ宮知子)1~7巻
まで読みました。

二ノ宮知子のマンガといえば、酒飲みエッセイの「平成よっぱらい研究所」しか読んだことなかったんですが、のだめも面白いと聞きまして、購入です。

いやぁ、噂に違わず面白かったです。
久しぶりに一気買い、一気読み。
クラシック音楽のマンガなのですが、演奏とかよくわからなくても、音楽を通じて成長していく様を面白おかしく描いているので、特にとっつきにくいことはないです。

1巻で、凄まじいゴミ溜め部屋で汚いジャージ姿でピアノを弾く野田恵(通称:のだめ)の絵にはやっぱり「おおお!?」と思わされましたね。
気を抜くとすぐに私もゴミ部屋のようにしてしまうので(ゴミは捨てるけれど荷物で溢れる)、妙な親近感が。

話はソレますが、「そのうち使うかもしれない。もったいないから置いておこう」という考えがイカンらしいです。
昔に比べると随分とマシになりましたが、今でもよく「捨てろ~」と言われます(特に紙袋)。
本も本棚に入るだけしか買わない!と決めたのでなんとかなってますが、タガが外れるとやばいです。本棚から本が溢れ、部屋の床のあちこちに積みあがってる状態になってしまう。で、そこに埃が溜まっていく…と。
実家に居たころは、寝る場所以外は本に埋もれていたような気が・・・。
さて、新しくマンガを買ってしまったので、どれか処分しないとなぁ。
16:41  |  感想:マンガ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/18-6361c331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。