スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.23 (Wed)

遙か祭2006 レポ9

レポ9

ネタバレOK、下品OK、その他もろもろなんでもOKな方だけご覧ください。

【More・・・】

------------

(自分のオタク歴やイタさを回想中です)

…そう、オタクな旅もしました。

例えば…
初めての萌え旅行in京都(2000年5月)。
あちこち行きましたが、そのあちこちの寺や場所で…『この渡り廊下で友雅と酒が飲みたい』とか、こんな柱の影から襲って欲しいとか、しっとりとした古都で脳内を煩悩花畑にしてたっけ。 ←アホです
京都旅行
ホテルロビーにある几帳の前で、嬉々として舞扇広げて撮った恥ずかしい写真(ちかちゃんと私)。

桃源郷の月in新潟(2000年11月)。
琵琶を聴きたいが為に行きました。琵琶を弾いてくれる旅館へ。
琵琶…琵琶…!!
ナマの琵琶演奏!
実際は、すごい爺さんの演奏でしたが
脳内では

友雅が私の為に弾いてました。 ←イタイよオカアサーン

持ち込んだ香炉で侍従やらの香を焚き、脇息にもたれて扇で煽ぎながら(たまにはパチパチと音を鳴らしてみたりしながら)、朝までオタクトークしたなぁ。
琵琶目当て。新潟の温泉
上の写真は…そう…あまりにも私の目つきがギラギラしていたからか、琵琶爺さんが「琵琶持って写真撮りますか?」と言ってくれたのでした…

箱根での湯煙妄想合宿(2002年2月)
橘旅館に泊まるのに、私達の団体名は『橘の会』。『歓迎 橘の会 様』とプラカードが出てました。
(橘旅館の写真は行方不明。脳裏には焼きついていますが(笑))
橘旅館
手ぬぐいが物的証拠として今も残っております。

オタクだね…あぁオタクだね、オタクだね ←五七五

楽しかったなぁ…
しがらみの少ない二十代のオタク時代は。

さすがに遙か1発売当初からやってると、今でこそ、何かグッツを買ったり、オタクな旅をすることがほとんどなくなりましたが。
阿呆なことは散々したような気がします。
弾けるだけ弾けたので、今はこうして落ち着いてられるのかもしれませんが(笑) ←これでも落ち着いたのよ

かつての自分を思い出し、どこか懐かしい気持ちになりながらも、もうそんな勢いがない自分が寂しかったり。

しかし。

すぐ目の前には…

自分では制御できない激しい萌えの荒波に翻弄されている若者が!

(若いねぇ…君が羨ましいよ…私も情熱を取り戻したいものだ…)

思うことが友雅みたいなんですけど!!

私にとって、もう友雅は萌えキャラではなく、三十路仲間のようです。 ←困ったな

橘の会もたまには若い人材が欲しいかもなぁと思って、夜の部終わったら一緒にご飯どうですか?と誘うと、色よい返事が。
新たな贄をゲットしました。

 <つづく[:soon:]>
08:26  |  感想:イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/164-0458be03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。