スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.06 (Thu)

遙かなる時空の中で 12巻

遥かなる時空の中で 12 (12)
遥かなる時空の中で 12 (12)



遙か12巻。
ひょこっと本屋に行ったら売っていたので、いそいそと買いました。

以下はネタバレにて

【More・・・】


支離滅裂気味に、思うまま感想を。

頼久は本当に不器用で可愛いね~。
可愛くてたまらん。
でも、実際にあれほど不器用な男が身近にいると(兄弟とか恋人とか親友とかだと)、私は煩わしい鬱陶しい「なんとかせーよ」と思ってしまうだろうなぁ。
客観的に見てると面白いのだと思うけど。
友雅が面白がってるから、きっと、友雅は傍観者として楽しんでるんだな。それなら、まさにその通りで激しく同意します。

友雅が言うように「大人は子供が思うほど大人じゃない」というのは、かなり大当たりだとつくづく思います。
良いこというなぁ・・・友雅。
だから好きなのかも。

それにしても12巻の絵は安定してる!
素晴らしい~
水野さん偉い~
どのコマの友雅もカッコよくていい!←それかよ

マンガのあかねは相変わらずボケボケしくて、愛らしいです。
眠り香を吸ってしまう時なんか、たまりませんね。
倒れていくあかねを友雅が受け止めるコマなんて、友あか好きとしては身悶え出来ます。
その時の友雅の表情がまたいいんだなぁ…
いつもの余裕がなくて、少し慌てて焦っているような…
この時、何思ってたんだろう。
いや、受け止めなければ、という思いが強くて、何も考えられてないかもしれない。
それはそれで萌え~

寝ぼけた頼久に、あかねは初チューを奪われてしまいましたね~
なので、漫画では頼久×あかねに落ち着きそうな気がする。←少女漫画的にはそれが良いような

すべてを投げ捨ててもいいぐらい誰かを愛したい…
と、そんなことを友雅が思っているようですが、八葉と神子の絆に引きずられてでもいいから、あかねに対してそんな風に思えるようになるといいのになぁと思わずにはいられなかったり。
友雅はアクラムとの最終決戦で、あかねを庇って死ぬっていうのはどうだろうか、と。
それでも幸せなんじゃないかなぁ。
今回の12巻ではそんな風に感じました。

友雅が蘭を振っちゃうところはとてもいいですね~
これぞ友雅って感じで。
怠惰で冷たい友雅萌え!
本当に黒い人だなぁ・・・友雅は。
きっと、友あかにはならないだろうから、友雅好きとしては、友雅に救いがあることを願っております。

天真、永泉はあかねを想ったまま。
今回は鷹通が告白しちゃうし、詩紋までもが「あかねちゃんが好きなんだ」とイノリに打ち明けてるし。
泰明も「神子が私のことを想ってくれたら」と言っていて。
そういえば11巻ではイノリも、嫁さんにするならあかねが・・・なんてことを思っていたなぁ。
明確にあかねが好きだと思っていないのは、もしかして頼久と友雅だけ?
頼久はチューしてるので、これから一気に加速する可能性があるし・・・

友雅、頑張れ!

・・・結局、感想が友雅づくしに・・・こんなはずではなかったのにといつも思う(笑)



ゲームで苦手だったイノリや詩紋がとっても良い子で、漫画では大好きです。



最後に・・・失恋した蘭が黒龍の神子として鬼のところへ行ってしまったことを知った時の、友雅の「やってくれたな あの娘…」の時の顔がとってもゾクゾクします。
この友雅はSだな、と思った(笑)
あの顔でもっと苛めて・・・な気分。←やばいな私
15:26  |  好きゲーム:遙かなる時空の中で  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lunablo2004.blog59.fc2.com/tb.php/145-72f82bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。