スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.16 (Tue)

映画 キューティーハニー

キューティーハニー
キューティーハニー

めげません。

今度は、デビルマンと同じ原作、永井豪の作品「キューティーハニー」の実写版映画を見てみました。
倖田來未が主題歌を歌い、監督は新世紀エヴァンゲリオンを監督した庵野秀明。
主演は佐藤江梨子。そしてこの手の映画にかかせない京本政樹と、どうにも気になる存在のミッチーこと及川光博が出演です。

出来栄えは・・・

ブラボーーーーーーーーーー!!
すばらすぃーーーーーーーーーーっ!!

すごいぞ庵野秀明!
見事な作品だ。

アニメと実写の融合に取り組んだ作品と言われているけれど、見てみた感覚としては実写で漫画を読んだ感じ。
非常に面白かった。
ハイテンションコメディータッチで、ノリもテンポもいい。
見終わった後も、実に清々しい気分でした。

wiki(ウィキペディア-Wikipedia)を読んでみると「アニメ独特の気持ちの良い動きを役者にさせるため、まずアニメの作画をし、それにしたがって1コマずつ役者にポーズをとらせて撮影する」ということをしたらしい。
どうりで人物の動きがアニメ…というか、漫画っぽいと思った。
でもそのおかげで、不思議と違和感がない。
いや、実写なので違和感はあるけれど、その違和感が自然だった。違和感があるのが自然な独特の世界観が出来上がっていた。
漫画オタクとしては、実に楽しめた映画だ。

ミッチーはチョイ役ではあったけれど、やっぱり良い味を出していた。
歌って踊ってくれた。
そして、高速回転して飛んでいった。
私はそれだけで満足だ。
ミッチー…楽しませてくれて、ありがとう。
スポンサーサイト
19:58  |  感想:映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.12 (Fri)

トリニティ・ブラッド chapter.1

トリニティ・ブラッド chapter.1
トリニティ・ブラッド chapter.1

吸血鬼には目がないわたし。
吸血鬼モノということで、レンタルしてみた。
原作は角川文庫、角川書店第二回スニーカー大賞受賞した作品。これはそれを2005年にアニメ化したものみたい。
DVDには一話。二話収録。

なんといってもオープニング曲を聴いた瞬間、胸をかきむしりたくなるような恥ずかしさが。

どうして?
どうしてこんなに胸が苦しいの?

どこかでこの声・・・
この曲・・・
わたし・・・シッ・・テ・・ル・・・

これは・・・もしや・・・20年ぐらい前にはまった某ビジュアル系バンドの曲では・・・

・・・ガクリ。

懐かしすぎて恥ずかしくて、悶え死ぬかと思いましたけど!!

今、嫌いなわけじゃないんです。
今、聴いても好きな声だなぁと思うし。
好きな曲だったしね。

でも、この時のわたしは、あまりにも無防備すぎた。
風呂上りに「はふ~ん」と、気が緩んでいる時に、バズーカー砲を打ち込まれた気分です。

あえて、このビジュアル系バンドです、とは書きません・・・
居ないと思うけど、気になる人は公式サイトを見てくださいませ。

主人公の神父さん(眼鏡してる)は、普段はのほほ~んとしているけれど、吸血鬼化したらスゴイよ!なのです。
メリハリがあって、そういうのはとっても好きなんですが・・・
長い髪の毛が、逆立つんですわ。
シュルシュルシュルルン~っと。

その様は、まるで、昔のその某ビジュアル系バンドの人みたい!!!

あああぁぁぁぁ・・・・

なんだかまたいたたまれない気分に・・・

でも、見ちゃう。

そんな感じ。
たぶん次も借ります・・・

あらすじの紹介は続きから。
15:15  |  感想:アニメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.11 (Thu)

ぼく、オタリーマン

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。
よしたに

流行っているようなので、読んでみました。
オタク度が低いので、オタクな私が読んでも

「普通やん。どこがオタリーマンや!」

って感じ。

もうちょっとオタク度をあげて欲しいところです。
23:02  |  感想:マンガ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.10 (Wed)

毎日かあさん4 出戻り編

毎日かあさん4 出戻り編
毎日かあさん4 出戻り編
西原理恵子

今まで、西原さんの漫画は個人的にはありま好きじゃなかったりするのですが、旦那が好きなのでいろいろと読んでます。
とはいえ、その中で一番好きなのが「毎日かあさん」。
自分が子育てしているからかもしれないけれど、子育てエピソードを面白ろ可笑しく、毒を混ぜつつ描いてあるのは、とっても絶妙で、毎日かあさんだけは、楽しみだったり。

今回の出戻り編は、泣けました。
アル中が原因で離婚した西原さんの旦那さんが、家に戻ってきて、一緒に過ごす話。
ガンが発覚して半年で亡くなってしまうのですが、お父さんが亡くなって、自分たちだって悲しいだろうに、子供達が泣いているお母さんを笑わそうと、一生懸命、変な顔をするの。
読みながらボロボロ泣いてしまった。

喪中ということで、西原さんはしばらく休業していたようですが、また漫画を描きはじめたようで。
これからも頑張って欲しいです。
10:03  |  感想:マンガ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.03 (Wed)

デーモン聖典 1-11

デーモン聖典 11 (11) (花とゆめCOMICS)
デーモン聖典 11 (11) (花とゆめCOMICS)
樹 なつみ

久しぶりの大人買い。
1巻から11巻まで。11巻で完結です。
樹 なつみ、の漫画を買うのは「花咲ける青少年」以来かも。倣立人よりもムスターファ(ユージィン)が好きでした。
その感じでいけば、デーモン聖典ではミカが好みになるはずなんですが・・・歳を取ったからか、K2の方が可愛くて良い・・・

あぁぁぁああああ・・・趣味が変わったな、自分!

歳を取るって恐ろしいことね。

1巻の内容説明:近未来。孤児のもなは双子の姉・りな、遠縁の忍と三人暮らし。奇病“逆行症候群(リターン・シンドローム)”で9歳時の身体に退行したりなを、いつかしのぶが治してくれると信じている。そんな三人の前に、かつて母と関わりのあった霊的存在・ミカが現れて…!? 

完結しているし面白かったので、興味があったら大人買いしてみてね。
15:31  |  感想:マンガ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.02 (Tue)

映画 デビルマン

デビルマン
デビルマン

映画のデビルマンをレンタルで見ました。

すごいよ!
すごいよ!
本当にすごいよ!

こんな映画って本当にあるんだ。
10億かけて、プロの人達が作って、このダメさ加減。

並じゃねぇッ!!

キャシャーンの映画より酷かった(笑)
私が書いたキャシャーンの感想はこちら
キャシャーンはまだ、見れた。ちゃんと演技の出来る俳優さんを使っていたので。
それに、映画とは言えないけれど、監督の映像美に対するこだわりがわかったのです。
「映画としては楽しめない、けれど、監督さん…あなたの撮りたいものは理解した!結果的に、例えそれが、あなたの自己を満たすためだけの映画になったとしても!」
そんな映画でした。

デビルマンはそんなものもありゃしません。

・主人公、演技が始めてらしく、棒読み。
声優さんで吹き替えしてください。これで5倍ぐらいはマシになるでしょう。

・CG
まるで初期プレステのCGのようです。
なんじゃありゃ。

・出演者
全然、意味のないちょい役で小林幸子がでてきて去っていく。
わけわからん。
そんな場面に時間割くなら、他のシーンを充実させてくれ。

見たのが土曜日だったのだけれど、あまりのありえない酷さに見た事実を脳内消去してしまっていました。
旦那が「いろんな人のレビュー見てみると面白いで…」と、失笑しながら言うので、見てみたら確かに面白かった。
酷評ばかりで(笑)

なんといってもこれが一番、的確かと思いました。

――映画秘宝2004年11月号より

こうした責任者不在のまま世に生み出された珍作を「ダメなら観に行かない。まったく今の日本映画はこれだからダメなんだ!」と思うなら、それは間違いだ。この惨劇のような映画を身銭切って観にいって、初めて激怒する権利を得ることができるのだから。がんばって観てくれ。


原作に思い入れのない私ですら「うひゃー、この映画はありえないだろう?」と思うのだから、旦那を含め原作ファンの人達は、やりきれないだろうなぁ…。

ホント、あまりの酷さに魂が口から抜けます(笑)
ぜひこの駄作を見て欲しいですね!
13:16  |  感想:映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。