スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.23 (Mon)

アタゴオルは猫の森 映画レビュー

アタゴオルは猫の森


旦那がますむらひろしのファンで、漫画は全部、家にあります。
絵本とか画集とかもあるはずです。
あまりにもファン過ぎて、ヒデヨシの陶器の置物やら、ますむらひろしのデザインした日本手ぬぐいやらもあります。
ヒデヨシ
(税込み¥30450の置物)

私はそれほど熱烈なファンではないので、マンガはあれば読む…ぐらい。←しかも全部は読んでない
旦那の熱烈なファンぶりがすごいので、正直、呆れ気味なぐらいです。

そんなアタゴオルが映画になった!

旦那は「出来は不安だが、やっぱり長年のファンとしては見ておかなくてはならない…」と、どんよりとした面持ちで、使命感のみで行くつもりだったようです。
私はちっとも見に行くつもりはなかったのですが、音楽監督が石井竜也…ということで興味を惹かれて(←その昔、米米が好きだった)、公式HPで特典オープニング映像を見てみたら、なんだか石井節が炸裂で、それがとってもヒデヨシに合っていて、見に行きたい気持ちがムラムラ…と。

そんなこんなで見に行ってきました。

フルCGということで、ますむらひろしの世界がどう変わっているのか、そのが気になる点ではありましたが、なんといっても私は熱烈なファンではないので(笑)、マンガはマンガ、映画は映画と割り切って見てみると、非常に素晴らしい映像美。
ブラボーです。
ふんわりほのぼのとしたますむらひろしのファンタジー世界ではないけれど、これはこれで良い!!
とても良い!

声も谷啓、夏木マリ、佐野史郎などの実力者揃い(ヒデヨシは山寺宏一)。
ネオロマ声優さんでは立木文彦さんがちょい役で出てます。

予想以上に、映像良し、音楽良し、声良し、で文句なし。
ストーリーは、ギルドマという漫画の話をほとんどそのまま使用しているようです。
ちっとも期待してなかっただけに、最後の方では思わず目に涙が浮かんでしまい…

まさか、こんな猫映画…

ヒデヨシでうるうるする日がくるとは夢にも思ってませんでしたが!?


猫が嫌いじゃなくて、CGアニメが嫌いじゃなくて、石井さんの曲が嫌いじゃなくて、時間とお金がある方にはぜひ見ていただきたいものです。
おすすめなんです!

宣伝とかほとんどしてないからか…土曜日に行ったのに、映画館の会場内は9人でした…
良い映画なんですよ…ホント。
もっと人気が出てもいいような気がするんだけどなぁ…ションボリ

家に帰ってから、CDの注文をしました(初回限定版DVD付)。
TATUYA ISHII meets アタゴオルは猫の森(初回生産限定盤)(DVD付)
TATUYA ISHII meets アタゴオルは猫の森(初回生産限定盤)(DVD付)


映画もDVDがでたら絶対に買う!

あれ…おかしいな…アタゴオルのファンでもないのに(笑)

まぁ、良かったってことでひとつ。

ちなみに、アタゴオルに思い入れの強い古いファンの旦那の感想は「まぁ、良い出来じゃないかな」という感じでした。
良かったね、がっかりしないですんで。
スポンサーサイト
17:37  |  感想:映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.20 (Fri)

湯煙温泉~癒しと妄想渦巻く旅~温泉でばったり、きゃ☆ごめんなさいバトン

バトン、いただきました!

「湯煙温泉~癒しと妄想渦巻く旅~温泉でばったり、きゃ☆ごめんなさいバトン」
だそうです。面白すぎ(笑)
聖音さんありがとうございます。

■一緒に温泉旅行に行きたいキャラを3人ほど上げて下さい

パッと浮かんだのは、友雅、翡翠、景時の地白虎トリオ。
でも…知盛と将臣も捨てがたい。

んーーーー、結論としては、知盛、将臣、後白河の3人で!←え?


■その中でも特に誰と?

特に…というのはあまりないかも。
その3人と行きたいです。


■そのメンバーで部屋割りするなら?

一緒でお願いします。
濃い…忘れられない旅行になりそうです。


■一緒に温泉入るなら?(上記以外、複数回答可)

リズ先生。
妊娠線バリバリでも、見て見ないふりをしてくれそうだから(笑)
一緒にほっこりしてくれそうだし、緊張もしないでよさそうだから。


■浴衣が似合うベスト3!

1位 将臣(パリッとした濃紺とか似合いそう)
2位 友雅(この人に関しては、妄想しすぎているので、着ぐるみだろうがなんだろうが似合うんですよ)
3位 翡翠(浴衣の胸を肌蹴つつ、的屋の兄ちゃんでもして欲しい)


■温泉卓球白熱バトル!自分VS誰?そして勝敗は?

VS白龍(小)
和気藹々と、でもちょっと本気も入りつつ、良い勝負に。
最終的には自分が負ける。
そして「負けてあげたの!」と負け惜しみを言う。


■次の旅行当選者8名

もし見てらしてお暇なら・・・ってことで。

ちかちゃん
あこさん
山吹夫人さん
麻桜さん


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みださんから■管理人様連想バトン■ というのもまわしていただいていますが、あまりたくさんの管理人さまを存知ないので断念…orz
せっかくなのにすみません。

ちなみに『乙女』で連想していただいたようです。驚愕です。ありがとうございます。
…ずっとひとりの人(友雅)に捧げる愛は、乙女の強さを感じます。真似の出来ない一途さに万歳
とのことです。
自分ではパラノイア…偏執気味だなぁと、自身が気持ち悪いのですが(笑)、とっても良い様に言っていただけて感激いたしました。
ええ、きっと、乙女の強さなんです☆ ←これからはこれでいきます(笑)
00:10  |  その他  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。