スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.30 (Mon)

モンスター・シークレット 鑑定医シャルル 藤本ひとみ

昔、大好きだった藤本ひとみセンセのライトノベル、マリナシリーズ。

アニメ化して映画にもなって、若かりし頃、映画館に見に行ったりしました。
お目目パチパチで、ffとかかれた趣味の悪いTシャツを着た和矢に悲鳴を上げ、石田純一ばりに革靴に素足っぽいシャルルに気が遠くなったり。
今もそのアニメビデオは家にあります。後生大事にとっておいたはずのポスターはどっかに行きました(笑)
10代の頃、ものすごく好きだったので、CDも買ったりして、シークレットラブに悶絶したのは良い思い出です。

そんなマリナシリーズも、シャルルに捧げる夜想曲3が出てから、急に続きが発売されなくなりました。

わたしの好きだった天才シャルルも作中で19歳のまま、どうなってしまったのか・・・
レオンハルトとの聖剣をめぐる戦いは?
赤いモルダウとはなんなのか?
和矢は?
マリナは?
美女丸は?
響谷の兄妹は?

そんな謎を残したまま18年経ちました。
初めの数年は、なぜ続きが出ない!?と憤りましたが、そのうち諦めにかわりました。
作者自身がもう少女小説は書かないとどこかで断言したというのも目にしましたしね。

けれど18年経って、19歳のシャルルが出てくる本が発売されるという……
今更?
紹介内容を見ると、以前の続きではないらしい。

アマゾンより
内容説明
大手新聞記者である梓は30歳代半ばで、根っからの正義感の持ち主で、その正義感ゆえの失敗談にも事欠かない。不器用だけれども、行動力もある。梓は離婚歴があり、小学生の息子を今はパリ郊外の寄宿学校に預けている。息子に会いにパリに行ったとたん、パリでの後見人である大学時代の親友が死体となって発見される。この二つの事件には裏でつながりがあった。知り合った、天才的な推理力を持った鑑定医シャルル(作者の人気シリーズの主人公)とともに、事件の解決を図る。パリに台頭する極右組織との攻防と、ナポレオンが秘密に残したとされる巨大ダイアモンドの行方探しもかかわってきて、事件は予想もしなかった展開を見せる。著者が長年培ってきた西洋史の知識と、ストーリーテラーとしての円熟した資質が高い境地で結実した大作。ノンストップ・ミステリーとしての完成度を誇る書き下ろし作品です。


モンスター・シークレットモンスター・シークレット
(2012/07/28)
藤本 ひとみ

商品詳細を見る


アラアラまぁまぁ……
どこぞからの情報で、しかもこのシャルルは鑑定医だけれど19歳だというじゃないですか。

買うしかないじゃないですか。
ぶっちゃけシャルルは私の青春といっても過言でないのだから(笑)!

28日発売になっていますが、予約していたからか27日夜に到着。
けれど、読む勇気がなくて丸2晩放置。

ネットで読んだ人の情報を見て、これなら読めると思って昨日29日に読みました。
ちなみにネットで見た情報とはこんな感じ。
一応軽いネタバレかもしれないので気になる方は反転で。
赤いモルダウの謎はわからないまま
アルディ家は落ちぶれた

ここからは自分が読んだ感想を・・・

(ネタバレな部分は反転で)
時期としては、赤いモルダウ事件後、少し落ち着いた頃になるんでしょうかね。
シャルルがアルディ家は衰退したようなことを言っていた。生まれた頃が最高潮だったらしい。持ってた土地やらが戦争と天災でだいぶんやられたみたいで、財力がかなり落ちた、と。
それでも、まだパリ16区に住んでいるし世界のあちこちに土地や島は持ってて金持ちではあるようで、使用人もかなりいる。
あと、親戚の離反で、アルディ家は分裂中とのこと。もう二度と、元には戻らないだろうと。
執事がアルディ家の血を引く唯一の継承者とシャルルを紹介していた。ミシェルやアンドリューや他の親戚は、そのお家分裂騒動でどうにかなっちゃってるのかな…
あ、日本語が話せる理由を「日本とフランスのハーフの知り合いがいるから」とか言ってたので、これがたぶん和矢のことだと思われます。


今までの鑑定医シャルルよりも、ライトノベル寄りの文章で全体的に読みやすかった。
事件も、今までの鑑定医のような猟奇殺人ではなく、ナポレオンの残した謎だったので、ドロドロしてなくてさっぱりしてたし。
シャルルも19歳だからか、ブツブツ言いながらもまだ情熱があって可愛げもあってとっても良かった!
アルディ家がいっぱいでてきて嬉しい。
執事がとても良かった!アルディ家の執事の助手になりたい。

そしてなにより、またこんなシャルルを作中で見る事が出来て、読むことが出来て嬉しかった…

読後感はとても良かったです。

懐かしい・・・
本当に幸せなノスタルジーに浸る事ができました。

ありがとう19歳のシャルル!
このまま自分を理解してくれて、一緒に行動できる友人をいっぱいつくって欲しい。

だから、二十代の鑑定医シャルルは、わたしの中でなかった事にします(笑)

(追記)
改めてパラ読みすると、シャルルの天才ひらめき度がかなり下がってるような気がしました。冴えて切れる感じが薄くなって凡人に近い変わり者の秀才みたいな。
まぁ、その方が以前のシリーズを知らない人の受けも良いだろうしね。
個人的には、いろいろ経験して普通にちょっと近づいた?のだと思うことにしてます。ちょっと丸くなってまろやかなシャルルもまた良し。
ナポレオンについては教科書で見たぐらいしか知らなかったので「ほー」「へー」と興味深く読めましたが、事象が細かすぎて感情移入はあまりできず。
話の流れというか、雰囲気的に「愛の迷宮で抱きしめて」に似てる気が。あっちはダ・ヴィンチで、こっちがナポレオンって感じで。
謎解き冒険サスペンス?
主人公がバツイチ子持ちなので、迷宮から恋愛物を抜いて、尚且つ大人向けに高級娼婦とか政治家とかそんな人たちも出てくるところをみると、購買者の年齢層に合わせているのかも。
まりなシリーズ全盛期のあの時10代だった人達は、今30代40代ですしね。

恋愛をスパッと抜いてあったのは私的には良かったな。
今更、ドロドロした恋愛話はあまり読みたいと思ってないので… ←もう枯れてるから
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等 - ジャンル : 小説・文学

10:32  |  感想:小説  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.13 (Sat)

幽霊たちが舞う丘

幽霊たちが舞う丘―アニタ・ブレイク・シリーズ〈4〉 (ヴィレッジブックス)幽霊たちが舞う丘―アニタ・ブレイク・シリーズ〈4〉 (ヴィレッジブックス)
(2009/04/20)
ローレル・K・ハミルトン

商品詳細を見る


まずはAmazonにのっているあらすじ
内容(「BOOK」データベースより)
この仕事はきみにしかできない―蘇生師としてのアニタの腕を見込んで、困難な仕事の依頼があった。リゾート開発で荒らされた何百年も前の古い墓地の死者を、いっぺんによみがえらせるというものだ。現地に向かったアニタは、墓地の所有者らしい妖精の血をひく不思議な兄妹と出会う。だが依頼主と激しく対立するその兄妹の真意をはかるまもなく、近くで起こった3人の少年の惨殺事件の捜査に駆りだされる。今までとは違うヴァンパイアの凶行に悪い予感を抱くアニタ。そして急遽セントルイスからアニタを助けに駆けつけたジャン=クロードに、最大の危機が襲いかかる!好評シリーズ第4弾。


アニタシリーズの4冊目です。
いやぁ~、身悶えました。
あまりにもジャン=クロードが素敵で可愛すぎて。
床をゴロンゴロンしました。
強いはずなのに弱く。カッコいい筈なのに無様。
なんかたまらん!
なんなんだ、この萌えは!?
情けない男萌え?
それともギャップ萌え?になるのかなぁ・・・
うーん・・・ちょっと違うか。よくわからんです。
とりあえずバンパイアのジャン=クロードは素晴らしいです。

ジャン=クロードは、いつもは主人公のアニタのことを「かわいいひと」と呼ぶんですが、今回は一度だけ違う呼び方もしてました。

「私の短気なお花さん」

お花さん……

おはなさん……斬新だ。

とにもかくにも今回の話は、ジャン=クロードがいっぱい出てくるので非常に楽しかった。
アニタに「助けて」と頼まれて、いそいそと自家用ジェット機で、敵地に乗り込んでくるジャン=クロード。愛だね、愛!
そして戦って負ける(笑)
負けて死にかけて、まんまとアニタに人口呼吸をしてもらえて。
ついでに血ももらえて、酔っ払うジャン=クロード。
なんかもう愛らしくて辛抱ならんわ!

ジャン=クロードが人間だった時のこともチラッとでてくるし、今回は本当に美味しい話だった。
狼男のリチャードにはあんまり惹かれないんだよねぇ。
普通過ぎて素敵だとちっとも思えない。
三角関係がどうなるかっていうのも見所なのに、リチャードのシーンになると思わず「別にいいよ、出てこなくて」みたいな気分になってしまう。
リチャードもカッコイイ!とか思えると、もっと楽しめるはずなんだけどなぁ。

続きが早く読みたいな~
来年だろうけど。
もっとサクサクと翻訳してくれないかなぁ・・・
09:08  |  感想:小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06.07 (Sat)

異形の求愛者

異形の求愛者 (ヴィレッジブックス F ハ 10-3 アニタ・ブレイク・シリーズ 3)
異形の求愛者 (ヴィレッジブックス F ハ 10-3 アニタ・ブレイク・シリーズ 3)
ローレル K.ハミルトン


ここのところ吸血鬼三昧な日々です(笑)
そんなわけで、吸血鬼小説(?)アニタブレイクシリーズの三作目を購入。
現在、チビチビと暇を見つけて読んでますが、なかなか読み終わりそうにありません…。
読んでたらね、子供が奪いに来るので…トホホ。
終わったらまた感想を書きたいと思います。
21:20  |  感想:小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.04.07 (Sat)

亡者のサーカス アニタ・ブレイク・シリーズ〈2〉

亡者のサーカス
亡者のサーカス
ローレル K.ハミルトン

出版社/著者からの内容紹介
世界中に愛されている大人気シリーズ、好評第2弾!
その妖艶たるヴァンパイアが操るは、死者と人狼と、美しき狩人の心…
妖美なマスター・ヴァンパイア、ジャン=クロードに心を囚われたままのアニタ。
ヴァンパイアを狩る側なのに、その絆はおいそれとはアニタを放してくれない。
そんななか、きわめて強大な力を持つヴァンパイアが首謀者と見られる集団殺人が立て続けに発生した。
警察と捜査にあたるアニタは、犯人捜しのヒントを得るため、ジャン=クロードの店を訪れる。そこで出くわしたのは、意外な事件と、もうひとりの運命の人、リチャードだった!
ジャン=クロードとの絆は断ち切れるのか?リチャードとの恋は成就するのか?
世界で一番長く愛されているヴァンパイア・ハンター!
ロマンスの大御所が描く人気サスペンス・シリーズ第2弾。


亡者のサーカスは、十字の刻印を持つふたりの3ヵ月後のお話になります。
他の方のレビューで読んだのですが、これって実はアメリカでは3作目にあたるらしいですね。
2作目はどうして翻訳されなかったんだろう。あまり評判が良くなかったのか、2作目は比較的番外編的なストーリーだった為に日本語翻訳されなかったのか。ジャン=クロードの出番は多いのか!? 気になるところです。

さて、今回の亡者のサーカスですが、ジャン=クロードの出番が増えてます♪

いや~ん、めちゃ嬉しい~ ←すっかりヒラヒラすけすけ男の虜

相変わらずヒラヒラスケスケだけど、気にしない!
そして胸毛は脳内消去です(笑)
どうしてアメリカでは胸毛はセクシーなんでしょうか?
私には理解できません。
胸毛のある人と付き合ったことがありますが、むさくるしいだけで、そんなエエモノと違いましたデ(笑)? まぁ慣れれば、どーってことないんですけど。
今回のポイントは、ジャン=クロードの乳首でしょうか。
乳首描写が多いのなんの!!
アニタはジャン=クロードの乳首ばっかり見てるみたいです。いやらしいわ~。私の中でアニタは乳首フェチと認定されました。

それはさて置き、ジャン=クロードは、吸血鬼の彼なりにアニタに惚れちゃってるんですが、アニタは嫌がってるんですね。『恋人の条件は、人間であること』と。
今回、リチャードという人狼が出てきます。これがアニタと意気投合。ジャン=クロードが嫉妬をしてたりして可愛いんだ。
これから三角関係になるらしいですが、アニタにひとこと。
『人間じゃないとダメなんちゃうんかい!?』
人狼はいいの?
彼女の基準がわかりません(笑)

せっかく前回、ジャン=クロードがアニタつけた二つ目の『しるし』も、今回の諸々の事件でチャラになってしまったので、ふたりの関係は、またイチからになるのかな?
読んでるときはそうは思わないんだけど、冷静に考えてみると、あまり報われない男のようです。
退廃的でやわらかな物腰の、かなり魅力的な吸血鬼なのに、思わず「頑張れよ…」と親近感を持ってしまうのはなぜでしょうね(笑)
11:04  |  感想:小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.04.05 (Thu)

十字の刻印を持つふたり アニタ・ブレイク・シリーズ〈1〉

十字の刻印を持つふたり―アニタ・ブレイク・シリーズ〈1〉
十字の刻印を持つふたり―アニタ・ブレイク・シリーズ〈1〉
ローレル・K. ハミルトン

吸血鬼好き、と日記に書いていたので、最近『遙か』関係で知り合いになった方からおすすめいただきました!
ありがとうございました。

ここ10年ぐらい海外著者の本はほとんど読んでなかったので、横文字の名前が覚えられない&あちらのジョークについていけない、という感覚を久しぶりに思い出しました(笑)←だから読まなくなったんですが。
とはいえ、表紙の吸血鬼ジャン=クロードは友雅さんチックな容貌で、尚且つ、翡翠さんのように「かわいいひと」を連発してくれるので、萌え!!
ヒラヒラスケスケのレース服を気に入って身に着けているのが私にはツライところですが(笑)、きっとめちゃくちゃ似合ってるだろうから許す。←何様だ

お話の舞台は、アメリカのセントルイス。
世界観は少し変わっていて、吸血鬼や狼男やゾンビが普通に存在しているという…現代のアメリカだけど摩訶不思議な所となってます。
1作目のこの「十字の刻印を持つふたり」では、ジャン=クロードの出番が少ないのが残念。読み終えてみると、主人公のアニタはたくまし過ぎるような気がしないでもないですが、アニタの一人称で進むお話なので、心が揺れたりする弱い部分の描写も多くあるので、あまり違和感なく楽しめました。
全体的には、サスペンスとホラー、少し耽美でほのかなロマンス。そんなごちゃまぜな感じ。
吸血鬼好きさんならば、読んで損はない本かと思います。
あまり吸血鬼に萌えを感じない人には、「ふ~ん・・・」かもしれません(笑)

内容(「BOOK」データベースより)
アニタ・ブレイク―チャイナドールのように華奢で美しい若き女性。だが彼女の職業はふつうではない。特殊な技能で死者を蘇生させるのが仕事。さらに彼女には裏の顔があった!罪を犯したヴァンパイアを殺す処刑人として、闇の社会で恐れられていたのだ。しかしあるとき、宿敵たるヴァンパイアからの依頼を受ける。最近起こったヴァンパイア連続殺人事件の犯人をつきとめてほしい、と。最初は断ったものの、ビロードの声を持つ美貌のマスター・ヴァンパイア、ジャン=クロードとの宿命的な絆に囚われてしまい、やむなく捜査にあたることになり…。妖しくミステリアスなサスペンス・シリーズ、ついに登場。


アメリカではこのシリーズ、すでに13作も出ているらしいです。
日本ではまだ2作。
1年で2作でるかでないか、という感じのようなので、13作読めるまで気が遠くなりそうです。翻訳だけなんだから、さっさと出してくれないかなぁ…なんて。
22:20  |  感想:小説  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

プロフィール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。